「70度蒸し」

70度蒸し

70度蒸しとは

通常の蒸し料理は100度で蒸しますが、栄養素が壊れたり旨みが流出しやすいといった問題があります。
しかし、70度で蒸すと、栄養素が壊れにくく、旨みがキープできることが分かりました。そこから生まれた新調理法が「70度蒸し」です。

70度蒸しの効果

野菜
  • 甘みが引き立つ
  • 食感が良くなる

オススメ食材:キノコ、ホウレンソウ

肉・魚
  • 余分な脂・アクが抜けて、旨みが引き立つ
  • ふっくら仕上がる

下ごしらえとして70度蒸しを活用するのが良いでしょう。
50度洗いをしてから70度蒸しすると、さらに効果は高くなります。

 

次のデータを見ても、70度蒸しが旨みを増し、かつ健康にも良いことが分かります。

旨みの増加率(グアニル酸の増加率)
蒸す温度 シイタケ エノキタケ
40度 110% 130%
70度 160% 180%
98度 120% 150%
血流が良くなる効果の増加率(血小板凝集抑制)
蒸す温度 シイタケ エノキタケ
40度 105% 95%
70度 125% 125%
98度 115% 110%

70度蒸しのやり方

70度に設定できる専用蒸し器を使用すればできますが、専用蒸し器を持っていなくても、以下の方法で簡単に出来ます。

道具
  • 両手鍋
  • 耐熱ボウル
  • 焼き網
  • キッチンタイマー
  • 温度計(あれば)
手順(シイタケの例)
  1. 両手鍋にたっぷりの湯を沸かし、グツグツと沸騰したら火を止める。
  2. 両手鍋に焼き網を乗せる。温度計があれば、両手鍋と焼き網の間に温度計をはさむ。(蒸気の温度を測ることができる)
  3. 2〜3分程50度洗いしたシイタケを焼き網の上にのせて、耐熱ボウルをかぶせる。蒸気の温度は70度近くまで下がる。
  4. 火を止めてから6分程置いておくと、温度が65度くらいになるので、1分半弱火で加熱。
  5. 再び火を止めて、6分置く。その後再び1分半弱火で加熱。

合計、約15分でシイタケの70度蒸しの出来上がりです。
香りと食感が良く、健康にも良い!70度蒸し是非お試しください!