「50度洗い」の基本的なやり方

「50度洗い」の基本的なやり方

 方法はとってもカンタンです。

 

 50℃のお湯で食材を洗うだけです。

 

 たったこれだけのことですが、詳しい手順を以下に紹介します。

 

準備するもの
  • ボウル
  • 温度計

 

50℃のお湯で洗う

 ボウルにだいたい50℃のお湯を入れましょう。

 

 48℃〜52℃の範囲ならOKです。

 

 60℃を超えると煮えてしまいます。

 

 43℃以下になると菌が繁殖してしまいます。

 

 50℃のお湯はどうやって作ればいいでしょう?

 

 これも簡単。

 

 沸かしたお湯と同じ量の水を混ぜればいいのです。

 

 例えば、200ccの熱湯に200ccの水を入れればOKです。

 

 ただし、正確な温度は分からないので、温度計で測るようにしましょう。

 

 お湯の入ったボウルに食材を入れ、洗います。

 

 食材ごとに洗い時間は異なります。

 

 詳しくは、食材ごとのページを参考にしてください。

 

50℃は結構熱いです。慣れないうちはゴム手袋を使ったり、菜箸を使いましょう。

 

温度が下がったら足し湯をして温度を保ちましょう。

 

お湯からあげたら水気を切りましょう

 

野菜や果物は冷蔵庫で保存可能

 すぐに使用しない場合は、水気をしっかりふき取って、冷蔵庫で保管します。

 

 特に葉物野菜は、50度洗いしておくと、日持ちがアップします。

 

魚介類・肉・冷凍食品・加工食品は、その日のうちに調理する

 魚介類・肉・冷凍食品・加工食品は、すぐに調理するのがオススメです。

 

 すぐに使用しない場合は、水気をしっかりふき取って冷蔵庫に入れておき、必ずその日のうちに調理しましょう。